HOME > アパレル情報 > アパレル業界ってノルマがあるの?

 

アパレル業界ってノルマがあるの?

アパレル業界で一番きになる!ノルマの実態について

アパレルの販売員といえば、一人ひとりにノルマが課せられている印象があるのではないでしょうか。

もちろん本部の人は接客スキルを磨いて、各店舗の売り上げをあげて欲しいと思っているのは当たり前です。
「ノルマが達成しなかったら、自爆購入させられるの?」「毎月ノルマが課せられるとプレッシャーになる」と不安になりますよね。

実際にアパレル業界にノルマはあるのでしょうか?

一人ひとりにノルマはなく、店舗ごとに売り上げ目標があります

ひと昔前までは一人ひとりにノルマがあったそうですが、最近では店舗ごとに「売り上げ目標」を設定している会社が多いそうです。

売り上げ目標は店舗ごとに必ず設定しています。出店エリアや時期によって売り上げ目標は様々で、バーゲン時だけの売り上げ目標を設定している店舗も多いようです。

売り上げに対して甘いお店もあれば、絶対に売り上げ目標を達成しないといけないと本部から厳しく言われるお店もあります。店長やエリアマネージャーとなると、特に本部から相当なプレッシャーを与えられるとも聞きます。

できれば売り上げに寛容なお店で楽しく働きたいですよね。ただ、毎月売り上げに対して気にせず何気なく接客していても接客業としてのスキルアップは望めないでしょう。せっかくアパレル業界の販売員として働くなら、毎月の売り上げを意識して接客スキルを上げたいところです。

もしノルマを達成したらどうなるの?またノルマを達成しなければ自爆購入?

ノルマを達成すれば、本部より報奨金をもらえたり次回のボーナス額が上がることもあります。アルバイトの人だと時給アップも期待できます。
また販売員から店長やエリアマネージャーなど昇格することもあるそうです。

逆にノルマを達成しなければどうなるでしょうか。よく自爆購入しないといけないと言われますが、そんなことは決してありません。叱咤激励の言葉をもらい、次月から目標達成できるためにどうすればいいのか店舗ミーティングをすることがあるそうです。

アパレル専用求人サイトに登録すると非公開求人情報もGETできます。

アパレル専用求人サイトはほとんどの求人情報が非公開にしています。非公開求人のほとんどは突然の欠員や少人数の募集、新規ブランドの立ち上げなど一般公開できない求人情報になります。

どのサイトも無料で会員登録は無料なので、会員登録だけして情報をGETしましょう。

クリーデンス

クリーデンス

アパレル経験者の方の登録者数が多いクリーデンス。デザイナーになりたい人にオススメです。

求人案件の2割がデザイナーなので、デザイナー志望の方はクリーデンスに登録することをオススメします。その他パタンナー・バイヤー・プレスなどの案件も多数扱っています。

公式サイトへ

ファショーネ

ファッショーネ

非公開求人数が1,000件以上。ショップスタッフ以外にデザイナーやバイヤーの案件もあり!

ファッショーネはアパレル業界の人材紹介専門会社です。転職支援サービスも無料で行っており、専任コンサルタントがついてあなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。

公式サイトへ

アパレル派遣なび

アパレル派遣ナビ

アパレル・ファッション業界未経験者でも安心して働ける求人案件を豊富に取り扱っています。

仮会員登録をすれば派遣コーディネーターがピッタリの案件を見つけてくれます。カウセリングやセミナーなど手厚いサポートが付いているのも嬉しいですね。

公式サイトへ

PAGE TOP