HOME > アパレル情報 > アパレルのデザイナーになるにはどうしたらいいの?

  2015/12/15

アパレルのデザイナーになるにはどうしたらいいの?

みんなの憧れ!アパレルデザイナーになりたい

アパレル業界の業種でも人気が高いのが「デザイナー」です。
小さい頃からの夢だった人や、ドラマや雑誌、モデルの影響を受けてアパレルデザイナーになりたいと思う人が多いのでしょう。

ただ、アパレルデザイナーは誰でもなれる仕事ではありません。アパレルデザイナーの専門学校に行っても、デザイナーになれるのはごくわずかと言われています。

そんなアパレルデザイナーになるにはどんな資格が必要で、どんな仕事内容なのでしょうか?

アパレルデザイナーに必要な資格

アパレルデザイナーになるには絶対に必要な資格はないです。ただ、資格を持っておいた方が就職に有利です。資格を取得するためにアパレルの専門学校や大学に通う人は多いそうです。

洋裁技術検定

日本ファッション教育振興協会が提供している資格です。洋服を作る基本の知識と技術が身に付けられます。レベルは「初級」「中級」「上級」に別れています。

パターンメーキング技術検定

こちらも日本ファッション教育振興協会が提供している資格です。パタンナーとしての技術と知識が身に付けられます。デザイナーはパターンはパタンナーに発注しますが、基礎知識と技術がないと発注ができないですよね。

ファッション色彩能力検定

こちらも日本ファッション教育振興協会が提供している資格です。カラーコーディネーター検定と違って、ファッションデザイナーの実務に近い技術と知識を学ぶことができます。

カラーコーディネーター検定

東京商工会議所が提供している資格です。色の性質、色彩の知識、特徴を身に付けられます。ファッションデザイナーとして色彩の知識は大事ですが、絶対に取らなければいけない資格ではないです。

ファッションデザイナー認定

日本デザインプランナー協会が提供しているファッションデザイナーの資格です。ファッションの名称や洋服の形、機能やデザインなどの知識を習得できます。

アパレルデザイナーになるには

アパレルデザイナーはフリーランスで仕事をしている人もいたり、大きなアパレル会社のデザイナーになるなどいろいろな方法でアパレルデザイナーになる方法があります。

大きく分けると以下の4つになります。

アパレルブランドの社員としてデザイナーになる
アパレルブランドや企業に属せず、フリーランスでデザイナーになる
自分のブランドを立ち上げてデザイナーになる
モデルやタレントがアパレルブランドとタイアップしてデザイナーになる

アパレルブランドの社員としてデザイナーになる

一番デザイナーになる可能性が高いのがこのパターンです。ただ、すぐにデザイナーになれるわけではなく1年間は店舗でショップスタッフとして勤務をしなければいけない会社が多いです。そこでしっかり働いて実績を残した人がデザイナーになれます。

デザイナー志望は就職活動時にある程度絞られてきます。条件が服飾専門学校に通っている人や服飾の大学に通って勉強した人になります。

アパレルブランドや企業に属せず、フリーランスでデザイナーになる

アパレルデザイナーとして認められ、顔が広くなるとフリーランスで仕事をする人もいるそうです。

アパレルブランドの企業でデザイナーとして10年ほど働いて、独立するパターンが多いです。

フリーランスの場合、あるアパレルブランドの専属契約している時や、ワンシーズンのみ契約など契約内容は様々です。

自分のブランドを立ち上げてデザイナーになる

デザイナーとして認知度が上がると自身でブランドを立ち上げる人もいます。ただしごくわずかな人しかなれないです。売れると世界的にも認められるようなカリスマアパレルデザイナーとして活躍できますが、現実的には厳しいものです。

モデルやタレントがアパレルブランドとタイアップしてデザイナーになる

最近では人気モデルやタレントが企業に声をかけられてブランドを立ち上げるパターンも少なくないです。有名な人ですと梨花さんや辺見えみりさんなどが挙げられます。

もちろんモデルやタレントがデザインを一から起こすなんて出来るわけないですから、あくまでもプロデューサーとしての立ち位置ですので、デザイナーと呼べるかは怪しいところです。

デザイナーの求人情報は、アパレル専用の求人サイトに登録すればたくさんあります。

アパレルデザイナーの求人情報はあまり見かけないですよね。確かに求人数は決して多くはないですし、離職率も低い職業なのでなかなかデザイナーになるのは至難となっています。

アパレル専用の求人サイトには、普通の求人情報サイトに載っていないような求人を多数取り扱っているので、利用することをオススメします。
会員登録は無料で、会員登録をすると非公開求人情報を多数紹介してもらえます。

アパレル専用求人サイトに登録すると非公開求人情報もGETできます。

アパレル専用求人サイトはほとんどの求人情報が非公開にしています。非公開求人のほとんどは突然の欠員や少人数の募集、新規ブランドの立ち上げなど一般公開できない求人情報になります。

どのサイトも無料で会員登録は無料なので、会員登録だけして情報をGETしましょう。

クリーデンス

クリーデンス

アパレル経験者の方の登録者数が多いクリーデンス。デザイナーになりたい人にオススメです。

求人案件の2割がデザイナーなので、デザイナー志望の方はクリーデンスに登録することをオススメします。その他パタンナー・バイヤー・プレスなどの案件も多数扱っています。

公式サイトへ

ファショーネ

ファッショーネ

非公開求人数が1,000件以上。ショップスタッフ以外にデザイナーやバイヤーの案件もあり!

ファッショーネはアパレル業界の人材紹介専門会社です。転職支援サービスも無料で行っており、専任コンサルタントがついてあなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。

公式サイトへ

アパレル派遣なび

アパレル派遣ナビ

アパレル・ファッション業界未経験者でも安心して働ける求人案件を豊富に取り扱っています。

仮会員登録をすれば派遣コーディネーターがピッタリの案件を見つけてくれます。カウセリングやセミナーなど手厚いサポートが付いているのも嬉しいですね。

公式サイトへ

PAGE TOP