HOME > アパレル情報 > アパレル業界は土日に休みは取れる?

  2016/01/19

アパレル業界は土日に休みは取れる?

アパレル業界で働きたいけど土日休みが欲しい!

アパレル業界の大半は、シフト制になっていますので土日休みが取れないところが多いです。

ショップスタッフとなると土日は一番お客様が来店されるので、土日に休みがとれないところが多いです。
土日に休みが取れないと、友達と疎遠になったり、家庭を持っていたら子供とコミュニケーションが取れないこともあります。

やっぱりアパレル業界で働くなら、土日は休めないことを覚悟しなければいけないのでしょうか?
実はそんなことありません。求人の探し方を変えれば土日休みで働くことも可能です。

職種によっては土日休みになることもあります

アパレル業界と言ってもデザイナー、バイヤー、事務職などいろいろな職種があります。基本的に社内勤務ですと、土日休みになることが多いです。ショップスタッフはどうしてもシフト制ですし、土日は一番お客様が来店されるので休むのが困難です。ですので、社内勤務が狙い目です。

ただ、デザイナーやバイヤーなどはそれなりに専門的な知識がないと就けない職種です。また専門職は人気ですので、非常に倍率が高いことを覚悟しておいてください。
社内勤務の狙い目は事務や営業、生産管理の業種がおすすめです。

ショップスタッフと比べると求人数は少ないですが、一定の求人はあるのでブランドを選ばなければ就職できる可能性は高いです。

ショップスタッフでも土日休みが取れる場合もあります。

ショップスタッフは面接の段階で土日休み希望をすると、マイナスイメージになり不採用になる可能性が高いです。
接客業は土日が一番忙しいので、極力休んでほしくないと思うのが企業としてはあります。

しかし、全く土日が休めないわけではありません。ショップスタッフはシフト制なので、月に1回希望の休みたい日を提出できます。その時に土日の休みを提出すればいいわけです。
さすがに全ての土日を休みにすることは不可能ですが、月に2回くらいは土日休みにしてもらえるでしょう。

また、派遣として働く方法ですと土日を休みにしてもらえることもあります。条件で「平日のみ勤務」で探せばたまにそういった求人も見つかります。

土日を休みにしたいなら、アパレル専用求人サイトに登録することをオススメします。

アパレル専用転職サイトに登録すると、自分の希望通りの求人案件が見つかりやすいです。「土日休み」や「社内勤務」など特殊な条件の案件を多数揃えています。

会員登録は無料で、専任のコンサルタントが面接対策や履歴書の添削、あなたが希望する求人探しまで全て無料でサポートしてくれます。

アパレル専用求人サイトに登録すると非公開求人情報もGETできます。

アパレル専用求人サイトはほとんどの求人情報が非公開にしています。非公開求人のほとんどは突然の欠員や少人数の募集、新規ブランドの立ち上げなど一般公開できない求人情報になります。

どのサイトも無料で会員登録は無料なので、会員登録だけして情報をGETしましょう。

クリーデンス

クリーデンス

アパレル経験者の方の登録者数が多いクリーデンス。デザイナーになりたい人にオススメです。

求人案件の2割がデザイナーなので、デザイナー志望の方はクリーデンスに登録することをオススメします。その他パタンナー・バイヤー・プレスなどの案件も多数扱っています。

公式サイトへ

ファショーネ

ファッショーネ

非公開求人数が1,000件以上。ショップスタッフ以外にデザイナーやバイヤーの案件もあり!

ファッショーネはアパレル業界の人材紹介専門会社です。転職支援サービスも無料で行っており、専任コンサルタントがついてあなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。

公式サイトへ

アパレル派遣なび

アパレル派遣ナビ

アパレル・ファッション業界未経験者でも安心して働ける求人案件を豊富に取り扱っています。

仮会員登録をすれば派遣コーディネーターがピッタリの案件を見つけてくれます。カウセリングやセミナーなど手厚いサポートが付いているのも嬉しいですね。

公式サイトへ

PAGE TOP