HOME > アパレル情報 > 外資系企業のアパレル求人情報

 

外資系企業のアパレル求人情報

外資系アパレル業界の動向

日本のアパレル市場は外資系アパレル企業のたくさん参入してきたことにより、縮小の傾向があります。一方、外資系アパレル企業は「H&M」「ZARA」「Forever21」などのファストファッションブームに伴い、ますます成長しているようです。

もちろんファストファッションだけでなく、ハイブランド系の「ルイヴィトン」「シャネル」「エルメス」などの外資系アパレル企業も、日本人のブランド好きの傾向もあって好調のようです。

外資系アパレル企業と日本のアパレル企業の違い

日本のアパレル企業は、商品企画・生産・販売まで全て自社で行っています。セレクトショップだとバイヤーを雇って、海外に買い付けに行くこともあります。

外資系アパレル企業は、日本で商品企画はほぼありません。商品のほとんどが海外へ買い付けしています。
稀に日本国内限定モデルを国内で商品企画することもありますが、滅多にありません。

日本のアパレル企業の方が自由度が高い?

日本のアパレル企業の本社で働いているスタッフは、オシャレを優先しますので自社ブランドの商品を着て出勤することがほとんどです。スーツを着て出勤はほぼありえないです。

プレスとなるとブランドのイメージモデルのような扱いを受けますので、ファッション雑誌に掲載されるようなこともあります。

日本のアパレル企業で好きなブランドの本社勤務になれたら、商品企画などやりがいのある仕事に任されることもあります。

外資系アパレル企業は意外と真面目

外資系アパレル企業の本社勤務になると、英語が必須になります。外国人スタッフがいる企業もあるので、企業内の公用語が英語である企業もあります。
アパレル企業というより、外資系商社マンの印象です。

ハイブランド系のアパレル企業だと、服装や髪型の取り決めが厳格です。販売員は全員スーツ着用、髪の毛のカラーは明るすぎるのは禁止など、

外資系アパレル企業の魅力とは?

外資系ならではのマーケティングが学べる

外資系アパレル企業のブランディングは日本のアパレル企業よりはるかにレベルが高く、マーケティング、PR、プロモーションなど、どの職種でもたくさんのことを身につけることができます。

他業種への転職にも有利

万が一、他業種への転職を考えた時に「外資系アパレル企業」で働いた実績は大きく評価されます。

マーケティング、PRなどの部署にいたら、同業種から多くの声がかかると思います。
ショップスタッフの経験者ですと、日本のアパレル企業のショップスタッフよりはるかに接客レベルが高いので、高級ホテルやコスメ業界など広いジャンルの接客業で活かすことができるでしょう。

外資系アパレル企業はこんな方が向いています。

外資系アパレル企業に向いている人は、こんな方が挙げられます。

  • 英語が喋れて海外出張など行ってグローバルに働きたい
  • 完全実力主義なので、数字・成果を上げて出世したい
  • マーケティングのノウハウを学びたい

外資系アパレル企業は、本社勤務でもショップスタッフでも数字が命ですから、成果を上げれば確実に出世・給料アップします。結果を出して出世したい人や結果を残す自信がある人には向いているでしょう。
また、毎日が数字との戦いです。プレッシャーに打ち勝つ自信も必要です。

アパレル専用求人サイトに登録すると非公開求人情報もGETできます。

アパレル専用求人サイトはほとんどの求人情報が非公開にしています。非公開求人のほとんどは突然の欠員や少人数の募集、新規ブランドの立ち上げなど一般公開できない求人情報になります。

どのサイトも無料で会員登録は無料なので、会員登録だけして情報をGETしましょう。

クリーデンス

クリーデンス

アパレル経験者の方の登録者数が多いクリーデンス。デザイナーになりたい人にオススメです。

求人案件の2割がデザイナーなので、デザイナー志望の方はクリーデンスに登録することをオススメします。その他パタンナー・バイヤー・プレスなどの案件も多数扱っています。

公式サイトへ

ファショーネ

ファッショーネ

非公開求人数が1,000件以上。ショップスタッフ以外にデザイナーやバイヤーの案件もあり!

ファッショーネはアパレル業界の人材紹介専門会社です。転職支援サービスも無料で行っており、専任コンサルタントがついてあなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。

公式サイトへ

アパレル派遣なび

アパレル派遣ナビ

アパレル・ファッション業界未経験者でも安心して働ける求人案件を豊富に取り扱っています。

仮会員登録をすれば派遣コーディネーターがピッタリの案件を見つけてくれます。カウセリングやセミナーなど手厚いサポートが付いているのも嬉しいですね。

公式サイトへ

PAGE TOP